スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の誤診

幼稚園の年中さんの頃、耳が痛いと言う私を母は耳鼻科に連れて行きました。
その耳鼻科の先生がめちゃくちゃ怖いんです(>o<)
触られるとと~っても痛いので「イタイ!イタイ!」って泣いたら、
「これくらいで泣くんじゃない!!」って思いっきりビンタされました"/(*▽*)
で、診察してみたらおたふく風邪☆
痛いはずです!
先生が謝ってくれた記憶はありません・・

だけどこのことは母にも問題が。。
その頃私は大阪市内の母方の祖母宅に住んでいて、
近くには従兄たちも住んでいて、いつも一緒に遊んでました。
その従兄がおたふく風邪に罹って、数日後私も耳が痛いと言い出したそうです。
普通に考えたら、おたふく風邪がうつったと思って小児科に行きませんか?

あ、でもその耳鼻科に行ったとき、従兄も来てたなぁ~
なぜ???

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ

しぃ

Author:しぃ
B'zとグアムが大好きな楓&柊のママ

パパ:腰痛持ちのスポーツマン
楓:止まれない11才の女の子
柊:超がんこな9才の男の子

楓&柊
*script by KT*
最近の日記
最新コメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別
QRコード
QR
お友達のブログ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。